無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~

第2話 古くからの習わしで仲良しの誓いはお互いの性器にキス!?

投稿日:2019年9月6日 更新日:

無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~ 第2話 古くからの習わしで仲良しの誓いはお互いの性器にキス!?のネタバレとあらすじをご紹介します。

リリィとベロチューした後、校舎を案内して

次は三時間目の体育ー

あーだりい……この暑い中、

なんで体育なんだよ

初日からなんて罰ゲームだよ……と内心ボヤきながら、

体操服を教室に取りに戻ってくると

あ……ケンタ?

ってリリィじゃん

どうかしたのか?

それが、トイレに行って

戻ってきたら

皆サンいなくなってて……

あー、次の時間体育だからな

みんな更衣室にー

ちょっと待てよ 良いこと思いついたぞ

こほん いいかリリィ

今の日本では情操教育の一環で、

男女一組になって着替えするんだ

ジョーソー教育…

デスか?

異性の身体をよく知るためにな

少子化対策がどうこうって

先生は言ってたな

じゃ、じゃあ私は

ケンタと……?

ああ、先生が

そうしろってさ

まあ、もちろんウソだけど

適当なことを言いながら、教室のカーテンを閉めていく

思った通り、リリィは俺の話を疑う素振りも見せない

「今教室に誰か入ってきたら人生終わるなー」なんて想像したけど、

目の前にいるリリィにエロいことができるかもしれないという

期待に前に消し飛んでいったー

俺は制服のズボンを下ろすとー

ひゃんっ!?

け、ケンタ?

これって……

ほらリリィ、近くでちゃんと

見ないと

じょーそーきょーいくに

ならないよ

着替えついでに

お互いの恥ずかしい所を見せ合って、

身体の構造を勉強するんだ

フランスではなかったのか?

こういう授業

は、ハイ……

初めて見まシタ

これが男の人の……

目の前にさらけ出されたチンポをまじましと見つめるリリィ

恥かしそうに顔を赤くしながらも、

興味があるのか視線は決して逸らそうとしない

リリィみたいな美人が、

俺のチンポを間近で……

息が当たって……

これだけで気持ちいい……

ピクンッ

ひあっ?

び、ビックリしまシタ……

急に動いた……?

興奮したり、

気持ちよかったりすると

こうなるんだよ

興奮……

気持ちイイ?

そうだ

リリィは日本語で

コレを何て言うのか

知ってるか?

わ、わかりまセン……

教えてもらえまセンか?

おちんちん

ほら、声に出して

言ってみて

オチンチン、おちんちん……

忘れないようにしないト

じーっとチンポを見つめたままリリィが復唱する

なんか、純粋なリリィの口から「おちんちん」って

言葉が出てくるだけでドキドキする……!

ぁ……お、おちんちんの

先っぽから何か出てきマシた……

匂いはしまセンね……

ケンタ、これは何デスか?

それはな、

先走り汁って言うんだ

先走り……デスか?

カウパーとも言うかな

興奮するとコレが出てくる

日本では、すごく美容に良いと

言われているんだ

リリィも舐めてごらん?

ワ、わかりまシタ…

失礼しますケンタ

っ、れろ……

ぺろ

うあっ……!

おずおずと舌を伸ばし、鈴口を舐めあげるリリィ

瞬間、電撃のような快感が背筋を駆け上がっていった

け、ケンタ?

どうしマシタ……?

はぁ、はぁ……

な、何でもない……

このままぺろぺろしてもらって射精したい…っ

でも次の授業が始まるまで時間もないし、

せっかくのこのオイシいシチュエーションwp

もっといろいろ堪能したいし…あぁぁ悩むっ!

苦渋の決断だが仕方ない…

よし、次はリリィの

恥ずかしいとこ、

見せてくれよ

へ……私の、

恥ずかしいところ……?

そうだな、おっぱいとか?

女性の象徴みたいなもんだし

おっぱいをケンタに……?

は、恥ずかしいデスよ……?

大丈夫、俺も最初は

そうだったから

楽しい学校生活を

送るため日本文化に慣れて

いかないと な?

ぅ……わ、

わかり、マシタ……

リリィよ…なんて素直なんだ…

期待と胸の高鳴りをあらわすように

股間からカウパーが滝のように溢れてくる

こ、これでいい

デス、か……?

う、うおお……脱ぐ前から

予想はしてたけど……!

グラビアアイドル顔負けのたわわが、

俺の目の前にまろび出される

……デカい あまりの迫力に言葉を失ってしまう

うぅ ケンタぁ

あまり見られると

恥ずかしいデス……

が、我慢するんだ

俺だってチンポを

リリィに見せたじゃないか

それはそうデス、

けどぉ……!

つかブラもでけえ……

こんなサイズ、

日本のランジェリーショップに

売ってるのか?

ほらリリィ。

ブラの下も見せてくれよ

え、デモ……

それが日本式なの

不安がることはない、

みんなやってるんだからさ

は、ハイ……

ケンタがそう言うなら……!

ブ、ブラ……

ずらしマシた……

うぅっ

うおお

これがリリィの

生オッパイ……!

ぷるん…っ

絹のように滑らかな白い肌 乳輪は乳房の大きさ相当のサイズだ

リリィの身体が羞恥で小刻みに震えるー

それに合わせて、先端に備わった乳頭がぷるぷると動いていた

ごくっ……こんなに大きいと、

夏場とか蒸れて大変だろ?

は、ハイ……汗ばんじゃうので、

時々トイレとかで

服をパタパタして……

鼻腔に入り込む甘酸っぱい汗のにおい

それを嗅いでいる内に、段々と理性に

もやがかかってくるー

なあリリィ……

おっぱい舐めてもいいか?

な、舐めるんデスか……?

さっきリリィも

俺のチンポ舐めてくれたから、

そのお礼にさ

そ、そういうコトなら……

いい、デスけど……

じゃあ遠慮なくー

はむ、んじゅっ……

ぞくっ

っ……ンぅ、

ひぅっ……!

ちゅぷ…ッ

大きく口を開き、リリィの乳首に食らいついた

そのまま舌で、ぺろぺろと

巨大な乳房を持ち上げるように舐める

ふぁ、あンっ……

ケンタ、くすぐったい、

デスっ……!

びくびく…っ

ん、ちゅう……

少しの間、我慢してくれ……

ちゅッ

ちゅ…っ

もはやここが教室だということも忘れ、

俺はリリィの乳房にむしゃぶりついていた

この重量感、柔らかさ……いくらでも舐めていられるっ!

我慢出来ず、空いた方の手でわしずかみにする

す、すげぇっ……指がどこまでも沈み込んでいくっ……!

んぅっ、じゅるるっ……

美味しいよ、

リリィのオッパイ……!

むにゅ

ちゅッ

ちゅぷ…ッ

ひゃあっ!?

け、ケンタ、オッパイ、

触っちゃ……ンぅうっ!

ぞくぞくッ

びくびく…っ

はぁっ、ひぁ、ンぁっ……

ケンタ、ぁっ……♪

ぞくっ

ぞくぞくッ

むにゅっ

むにゅ

やめ、ンぅうっ!

私、何だか、

ヘンな気分、にィっ……♪

じゅるッ

ちゅッ

ちゅッ

じゅるッ

んじゅっ、

じゅるるるっ、

はぷ、んむうっ

びくっ

〜〜〜っ、

ンぅうっ……!!

びくびく…っ

ッ、やばっ……

リリィのオッパイに夢中で

授業のこと忘れてた!

ビクビクッと、リリィの身体が大きく跳ねた

それと同時に、始業を告げるチャイムが鳴り響いた

ご、ごめんリリィ!

急いで着替えないと……!

っあ、はーっ、

はーっ……

は、ハイ……♪

びくびく…っ

びくっ

びくびく…っ

名残惜しいけど、流石に授業サボるのはマズい

俺は慌てて体操服に着替え、

リリィをグラウンドへと連れていったー

その日の放課後ー

ふたりして遅刻気味に登場したことで

「早速仲良くなってズルいぞ!」と

友人に詰め寄られたが、無事に1日を

終えることができた

仲が良いどころか

ちんこしゃぶらせておっぱい舐めました

なんて言った日にはどうなることか…

リリィ、今日一日

過ごしてみてどうだった?

ハイ 日本の文化、

戸惑うことは多かった

デスけど……

ケンタが親切に

教えてくれたオカゲで、

無事に初日を終えられマシタ

ありがとうございマス

そう言って、笑顔で頭を下げるリリィは

俺が教えたウソを全然疑ってないようだ

ケンタが隣の席で

良かったデス

えへへ……♪

さ、流石に罪悪感が…

こんないい子をダマすのは

もうやめよう…

そう思ってくれるなら

良かった こちらこそ、

これからもよろしくなリリィ

ハイっ♪

なんてやり取りをしながら、ふと周囲を見渡す

いつの間にかクラスメイトは全員帰っており、

教室には俺たちふたりだけになっていた

………

こ、こんないい子をダマすのはもうやめる…ぞ

でも、こんな「都合のイイ」子も

なかなかいないよな…

今日限り、今日いっぱいにしよう

そしたらもうエッチなことはやめよう

たぶん…

俺は青春真っ盛り、性欲第一な男子学生

良心なんかよりも性欲の方を選び取ってしまう

駄目なヤツだ

リリィよスマン…

なあリリィ、

今後も仲良くやっていくために

「誓い」を結ばないか?

誓い、デスか?

昔からの習わしでさ、

友情が結ばれたらお互いの大事な所に

キスをするんだ

信頼の証ってやつ?

もちろん、リリィが良ければだけど

オー、日本にはそんな

素敵な文化があるんデスね

もちろんいいデスよっ

私、ケンタのことを信頼してマスから

お、オッケー

ちょっと待ってて、

準備するから

リリィの「信頼」という言葉に

良心の呵責が…いや、ここは心を鬼にするんだ

もしかすると一生に一度のチャンスだぞ俺…

ハイっ アレ……

教室の扉、閉めちゃうんデスか?

ふたりきりで行うのが

礼儀なんだ よいしょっと……

適当に誤魔化しながら扉に鍵を掛ける

この時間は廊下を通る生徒も少ないし、

窓際で事に及べばバレずにイケるだろう…

早速始めようか

まずはリリィの番な

ひゃあっ!?

き、キスってまさか、

ケンタのおちんちんにデスか…?

大事な所、要するに恥ずかしいところだよ

リリィが嫌だったら無理しないで…

い、イヤじゃない……デス

さっきもやりマシタし…

おちんちんの先っぽに、

チューってすればいいデス……?

そうだな……さっきみたいに

まずはペロペロして、そのまま

口の中に咥えるのが日本式かな

ナルホド

国によっていろんなキスが

あるんデスネ

……今さらながら、ちょっと調子に乗りすぎたか?

疑われやしないか、内心ドキドキしながらリリィの反応を待つ

わかり、マシタ……

れろっ……

ぺろ

うおっ……

リリィが亀頭を

軽く舐めあげた

っあ、ンっ……おちんちん、

先ほどとは違った

不思議な味がしマス……

しょっぱいような、

苦いような……ちろちろ、んちゅっ

っあ、はあっ……気持ちいいっ……

はふぁ、れる……わたひ、

じょーずに、できてまふカ……?

ぺろぺろ

ぺろぺろ

ああ、良い感じだ

その調子で続けて……

はぁい……んれる、

んちゅ、れるうっ

ンっ……はぁ、おちんちんの

先っぽから、ヌルヌルが……

先走り、デスよね

カウパーと呼んでも

イイんでしたっけ……れるっ

ぺろぺろ

ぺろぺろ

レロ…ッ

よく覚えてるじゃ

ないか……くぅっ

鈴口を舌先でほじるように刺激してくるリリィ

決して上手とは言えない舌の動きだが、

健気なリリィの奉仕は俺を蕩けさせるに十分だった

んちゅう、れろれろ、

くちゅうっ……

ぺろぺろ

ぺろぺろ

っ、はーっ……

リリィ、そろそろ……

れる……はぁっ、おちんちん、

咥えればいいんデスよね……?

上手く出来るかわからないデスけど

やってみマス あー……

あむぅ、んっ、

く、んじゅっ……!

ちゅる…ッ

ちゅぷ…ッ

ビクッ

っあ、ヤバ……!

小さく開いた唇の間に、にゅぷにゅぷと

チンポが飲み込まれていく

ヌルヌルで温かい唾液が絡みついて……

ヤバっ、気持ちよすぎて射精しそうっ……!

ンんぅっ……おひんひん、

びくびく、ふるえへ……ちぅっ

ちゅぷ…ッ

ケンタぁ、

らいじょーぶ、れふかぁ……?

ちゅる…ッ

ちゅる…っ

あ、ああ大丈夫

そのまま、顔を

前後に動かしてみて……

あ、危なかった……

すんでのところで射精を堪えられた

んじゅっ、ンぅっ……

こんな感じ、れふか……?

ジュプッ

ジュプッ

じゅるッ

ッ、いいっ……

続けてっ……!

ハイっ……んちゅう、

んじゅっ、ンんんっ……!

ちゅる…ッ

リリィが顔を引く度に、ぷるんとした唇が

亀頭を引っ掻いてくる

その度にガクガクと腰が震え、

段々と射精のことしか考えられなくなっていくー

んむうっ、ンっ、

じゅぷっ、んじゅうっ……♪

ジュプッ

ジュプッ

うあっ、リリィ、

その調子だっ……くうっ

んんんっ♪ はぁっ、じゅるっ、

ン、じゅぷぷっ……!

じゅるッ

じゅるッ

ちゅる…ッ

もっと唇をキュッと

締めてみて…っ

じゅっぷっ、んむっ、ンっ、

ンンッ、じゅるっ、じゅむっ…♪

ジュプッ

ジュプッ

ジュプッ

それすごくいい…!

リリィ、そのまま続けてっ

はひっ♪ はぁっ、じゅるっ、

ンむっ、じゅるるっ……!

じゅるッ

じゅるッ

陰嚢から、熱い精液がこみ上げてくるのがわかる

俺はその衝動に身を任せ、リリィの口の一番深いところで…

ドクンッ

ビュルルッ

ンぶうっ!?

んんんぅ、んん〜〜〜っ!?

びくびく…っ

ーっ、はーっ、はーっ……

そのままリリィの口の中で射精してしまう

突然の出来事にリリィは目を見開くも、

健気にチンポを咥え続けていた

ーぁ、けほ、こほっ

な、なにか、れてきまひは……

リリィ、それ飲み込んでっ

ドロ…ッ

ちゅる…っ

ちゅる…ッ

のみほむ、んれふか……?

っ、んく、んんっ……

に、ニガイれふ…

喉を可愛らしく鳴らしながら、濃厚な精液を嚥下していくリリィ

その最中、口から漏れ出した白濁液が

ポタポタと教室の床に滴りおちていた

さっきのは何デスか?

おちんちんの先から、びゅるるって……

ふぁ、はぁっ……

まだ喉に、絡みついて

きマス……

あれは精液つって……

あー、信頼を結べたって証?

そうなんデスか……っ、ん……

ドロドロで、温かかったデス

射精したにも関わらず、リリィとの行為で

股間とカウパーのボルテージはとどまることを知らない

恐るべしフランス人JKの魅力…

んじゃ、次は俺の番だな

だけど……

リリィ、場所を変えよう

ついてきてくれ

ふと耳を澄ませるとー廊下から、

こちらへ近づいてくる足音が聞こえる

……そろそろ教室から離れた方がよさそうだな

不思議……

おちんちん舐めていると、

すっごくドキドキして

身体が火照って

しまいまシタ……っ、んぅ……

……リリィ? 聞こえてる?

ハイっ!? え、えーと、

場所を帰るんデスよね?

わかりマシタっ

リリィを連れて、俺は校舎裏へとやってきた

ここはグラウンドからも離れていて、

滅多に人がやってこない秘密の場所だ

ケンタ、私は

どうすればいいデスか?

っと……手でスカートを

まくり上げて見せて

スカートを……?

でも、そんなことしたら

パンツ見えちゃいマス……

そうしないと、俺がリリィの

大事な所にキス出来ないじゃないか

お互いにやらないと意味ないんだ

ちょっとの間我慢してくれ

ぅ……は、ハイ……

ケンタ、こうデスか……?

パンチラどころかパンモロ…

しかもこれからパンツどころか

その中身にキスをしようと

している俺…

ケ、ケンタ…?

う、うん…大丈夫

むしろめっちゃイイ…

タイツを履いてるのも

高ポイント

すっごいエロい

え、エロい……?

コホン、何でもない

リリィ、そのまま動かないでくれ

ハイ えと、

何をするんデスか……?

何って、タイツとパンツを

脱がそうと そうしないと

キス出来ないだろ?

どうデスけどぉ……

うぅ、恥ずかしい……!

そうだよね…やっぱり

ちょっと急すぎたよね俺…

なんかゴメン…ぐすん(嘘泣き)

ぬっ、ぬぎマス…っ!

ぬぎたいデスっ

…〜〜ッ!

っ……す、すーすー

しマス…!

ぞくぞく…

おおー……これが

リリィのマンコか……っ!

なだらかに盛り上がった恥丘の中心に、

ぴっちりと閉じたスリットが走っている

僅かに開いた割れ目からは、

沈着のないキレイな薄桃色が覗いていた

すんすん……

はぁ、良い匂い……

に、匂い嗅がないで

汚いデスからぁ……!

汚いもんか

リリィの身体は

ぜんぶキレイだよ

っあ、ンぅっ……

ケンタの息、当たって……

びくびく…っ

じゃあキスするからな……

ん、ちゅう、れる……!

ぺろ

ひぅっ、ぁ、

ンぁうっ……!

びくびく…っ

ぞくぞく…っ

舌の腹で、ゆっくりとリリィの秘部を舐め上げる

汗と愛液が混ざった、酸っぱさがじわりと

口内に広がっていく……

くすぐったいかもしれないけど

しばらく我慢してくれ……

れろ、んちゅうっ

ちゅぷ…ッ

ちゅる…ッ

は、ハイ、我慢しマス……ッ

ンぁぅ、んぅうっ……

びくびく…っ

ぞくぞく…っ

舌で割れ目を舐める度、リリィの身体がヒクついている

もっと舐めたい リリィのマンコの奥までー

んじゅっ……!

ちゅる…っ

ちゅる…ッ

っあ、ひぁううっ!?

し、舌っ……中に、入って、

はぁンっ♪

ぞくぞく…っ

じゅるるっ、

くちゅ、れるっ……!

ケンタっ、それ、ダメっ

……ンぅうっ、はぁ、あぁんっ!

ビクッ

ぞくぞく…っ

ひぅ、はぁ、ヤぁっ……!

何か、キちゃ……

ンんんっ、くぅっ♪

じゅるるるっ、

ずじゅうっ……!

ぺろ

ちゅる…っ

ちゅる…ッ

じゅるッ

ぞくぞく…っ

ビクッ

やっ、ンぅうっ、あぁっ、

で、出ちゃう、出ちゃい

マスっ……!

ぞくぞく…っ

びくびく…っ

ぶるるっと、リリィの身体が

痙攣を始める

それでも俺は構うことなく、

リリィのマンコを舐め続けた

〜〜〜ッ、はぁっ、

あぁあぁあああ……♪

ビクッ

びくびく…っ

びくびく…っ

ンぶっ……!?

ふぁ、あふぁ……

ダメ、止まらな……

ンぅううっー♪

次の瞬間、温かい何かが

俺の顔面を濡らしていた

遅れて、それがリリィのおしっこだと

いうことに気がつく

ーっ、はーっ、はーっ……

や、やめてって、言ったのニぃ……

っあ、はぁっ……ゴメン、

夢中になっててつい……

ひぅ、まだ出て……うぅ、

びしょびしょになっちゃい

マシた……

びくびく…っ

びくびく…っ

ど、どうしよう……

とりあえず、タオルか何か

取ってくるっー!

第3話へ続く

-無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~
-, , , , , ,

関連記事

無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~サムネイル画像

第4話 付き合い始めたカップルはオ○ニーを見せ合いうのが常識!?

無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~ 第4話 付き合い始めたカップルはオ○ニーを見せ合いうのが常識!?のネタバレとあらすじをご紹介します。 昼休みに屋上でセックスして リリィ …

無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~サムネイル画像

第5話 恥ずかしい嘘を教えたセキニン取ってもらいマス♪

無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~ 第5話 恥ずかしい嘘を教えたセキニン取ってもらいマス♪のネタバレとあらすじをご紹介します。 そして…リリィと恋人になってから 数日たった …

無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~サムネイル画像

第1話 友達との挨拶はチュー!?無垢な金髪転校生と異文化交流!!

無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~ 第1話 友達との挨拶はチュー!?無垢な金髪転校生と異文化交流!!のネタバレとあらすじをご紹介します。 夏休みが終わり、今日からとうとう二 …

無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~サムネイル画像

第3話 日本では仲良くなった男女はセックスで相性を確かめ合う!?

無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~ 第3話 日本では仲良くなった男女はセックスで相性を確かめ合う!?のネタバレとあらすじをご紹介します。 こうして、フランスからの転校生 リ …